陣中見舞い(2) 「建物明渡請求訴訟の顛末」の問題点は?

わが国では、コロナ禍も峠を越え終熄に向かいつつあるかに見えますが、認定考査の行方が定まらず、受験予定者としては悶々とした日々かと(しかし、司法書士試験の受験生の胸中は如何?)。こういうときは、基礎理論のことは措いて(もう飽きるほど勉強した?)、気分転換に実務の話題でも提供しましょうか。

実は、日司連発行の『月報司法書士』の最新号に、建物明渡請求訴訟の顛末についての体験談が掲載されました(別紙のとおり)。庵主は、一読して読むに堪えないお粗末な記事だと思いました。また、かような代物を堂々と掲載する編集部の見識を疑いたくもなりました。

しかし、明渡しは特別研修を了えた皆さんにとっては親しみやすいテーマであり、実務上の論点(例えば、公示送達の実際)にも触れているため、皆さんの勉強の素材にはなろうかと思い直して、不本意ながら紹介することにしました。執行のことはともかく、主に本案レベルでの問題点(理論的に不適切なことを述べている箇所)を指摘してみて下さい。許しがたい誤りが数箇所はあります。その上で、「自分ならここはこう書く」という結論を出してみて下さい。批判するのは容易であっても、己れで実際にペンを執ってみるとあまり易しくはない、ということを思い知るかも?というのは、模擬試験の答案を拝見すると、基礎的なことを正確に書いていないものが多い(斯くも無様なありさまで他人様の訴訟代理人になりたいというのであろうか?浅ましい料簡というべきではなかろか?)。

陣中見舞いの第一弾は、今年の2月にUPしました。その第二弾をかようなタイミング(本来なら認定考査が実施される頃)でお送りするとは、慮外の展開ですが、われわれは、目下、人為の及ばない事態に見舞われ、不幸な歴史の只中に身を置いています。彼の良寛和尚は親しい人への火事見舞いの手紙に「災難は逃れ難し。災難に遭うときは遭うが宜しかろう」という趣旨のことを書いている由、庵主も皆さんに気休めの言葉をかける力はありません。また、かけようとも思いません。

紹介した記事の不適切な箇所を「自分はこう書」き直した人は、メールで貴案をお寄せ下さい。庵主がその人宛てに個別にコメントします。皆さんのご健闘を祈ります。

2020年の認定考査合格を期するあなたに

簡裁訴訟代理等能力認定考査にどうしても合格したいあなたへ、本音で語る授業があります。

民訴と認定考査のスペシャリスト小山弘先生が、参考書や教科書では得られない「図の書き方」「考え方」のスキルを伝授。

認定考査当日に後悔しないために、今できる努力を。
霞が関方丈庵がサポートします。