唯一の認定考査過去問の著者による私塾で、試験対策ではない、大人の勉強をたしなみませんか?

平令和2年度 簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格して法律家に!

司法書士を志すならば、小山弘先生の名前はご存知でしょう。
すでに特別研修を修了されているなら、直接指導を受けているかもしれませんね。

ながめてわかる!認定考査対策と要件事実の基礎ご著書も十数冊ありますが、中でも司法書士認定考査対策として唯一の過去問題集の著者としても有名です。

なお民法改正による改訂を機に、「ながめてわかる!認定考査対策と要件事実の基礎」から、過去問題集を分離、別の書籍として販売となりました。

 

霞が関方丈庵は、認定司法書士対策の第一人者である小山弘先生が自ら立ち上げた、認定考査専門の私塾です。

民訴のスペシャリストによる実力重視の講義

  •  民訴、裁判実務、認定考査など、群を抜く十数冊の著書
  •  認定考査の過去問題集は小山弘先生の「ながめてわかる!」シリーズが定番
  •  司法書士認定考査と銘打つ書籍は、小山先生の著書2冊のみ
  •  第1回~第18回まで全ての特別研修で指導された唯一の司法書士
  •  大手予備校の講師も勤めた後、より深く自分の講義を届けるべく私塾「霞が関方丈庵」を創設

認定司法書士対策の第一人者、
小山弘先生のプロフィール

業界トップレベルの実績と指導力で名の通った小山先生ですが、ご存知でない方のために、簡単にプロフィールと業績の一部をご紹介します。

小山先生 プロフィール写真

略歴

昭和52年 3月  明治大学法学部卒業
55年 3月  同 法学研究科博士前期課程修了(民事訴訟法)
平成 元年10月  司法書士登録(東京司法書士会)
7年 6月~10年 5月
東京司法書士会総合研修所副所長
11年 1月~ 29年 1月
関東ブロック司法書士協議会新人研修講師
15年 1月~ 第1回特別研修から毎年指導に当たる

〔主要著書・論文〕

『民事裁判諸手続の実務と書式』(日本加除出版/共著)
『司法書士の裁判実務実例集』(日本加除出版)
『時系列で学ぶ司法書士の裁判事務』(日本加除出版)
『Q&A詳解司法書士の裁判事務』(日本加除出版)
『設例と設問で学ぶ民事訴訟実務』(日本加除出版)
『証明責任に関する一考察
-いわゆる主観的挙証責任論を中心に-』(修士論文)

民訴、裁判実務の著書の一例

つまり小山弘先生は、

司法書士認定考査を日本で最も知り尽くしている司法書士と言えるでしょう。

認定司法書士を目指すあなたにとって、小山先生の存在がどれほど頼もしいか、
多少はご理解いただけたのではないでしょうか?

令和2年度の認定率は?

以下の図に示しました認定考査の合格率の推移をご覧いただければお分かりのように、

認定考査の合格の難しさは、平成29年57.5%、平成30年は43.1%と年々厳しさを増していましたが、令和元年の問題はやさしく、なんと79.7%が合格しました。

認定率の推移

令和元年は高い認定率でしたが、令和2年度はどうなるかわかりません。

少なくとも、高い難易度の問題でもある程度の回答が出せる実力をつける必要があります。

暗記で対応できるものでありませんし、ましてや特別研修が始まってから慌てて対策して間に合うほど甘い試験ではありませんね。

一つ確実に言えることは、

「試験のための勉強はつまらない」

ということです。

70点中、40点獲得で合格ですから、最低限、落ちない対策は行うとして…

法律家として考える実力を身につけ、実務に役立てる大人のお勉強はいかがでしょうか?

「小山先生の講義は辛口だけれど楽しい」

と、多くの受講生から評価をいただいているのは、わかった!という感動を通じて、法律の楽しさや喜びを発見するからなのでしょう。

あなたの現状を教えてください

↓↓↓

認定考査を初めて受ける

3csec_1

令和2年度の特別研修を受講予定で、初めて認定考査を受ける方

確認する

認定考査を再受験する

3csec_2

特別研修の修了認定をお持ちで、認定考査の受験は2回目以上

確認する

合格が遠い、と感じている

3csec_3_s

認定考査に過去何度か落ちた方
合格に自信が持てない方
年配の方

確認する

1 特別研修を今年度受けたあなた

司法書士特別研修の大ベテラン
小山弘先生の指導を受けられる特権

霞が関方丈庵の庵主である小山弘先生は、特別研修のグループ研修等で第1回から18回まで指導されてきた大御所。
実務の実績、指導力ともに群を抜いています。

そんな小山先生の指導を前もって受けられるメリットは大きいと言えます。

 

そもそも認定考査は、特別研修での成果を確認するためのものです。

特別研修は知識中心の受験勉強と異なり、法律家としての立ち位置や思考力を求められます。
付け焼き刃の知識では通用しないのです。

(特別研修では)自分で条文を理解し、自分の頭で考えることを求められたのである。
「予備校のテキストに書いてあった」では、実務の場面で主張することはできない。(特別研修受講生の体験記より)

つまり実務で活躍するための基礎力を訓練する場が特別研修であり、その期間中だけで力をつけるにはあまりにもハードです。

ハードな特別研修に、
「ついていくのがやっと」の状態でいいですか?
「脱落も止むを得ない」と諦めますか?

それとも、
しっかり基礎力を身につけた上で特別研修を徹底的に活用し、自信を持って認定考査に臨みますか?

2 認定考査に落ちたあなた(特別研修の修了者)

落第した原因は何ですか?

特別研修の修了認定を受けており、平成31年度の認定考査を再受験するあなたは、今年あるいは過去の認定考査の反省と分析をされましたか?

落ちた(結果)からには、必ずその理由(原因)があります。

来年のリターンマッチを志す人は、先ずは今年の敗因を分析すべきです。
この分析なくして、来年の合格はありません。

「勉強不足だったから落ちた」?
「ケアレスミスをしたから落ちた」?
「ヤマが外れたから落ちた」?
「落ちた原因が自分でも分からない」?

などと考えて済ましているような人は、来年も必ず落ちます。

更に言えば、すでに特別研修の修了認定を受けてから、ブランクがありますね?

認定考査は2度目、3度目で初めて考査を受ける人に比べて経験がある分、有利なように思えますが全く違います。

特別研修を受けて間もなく認定考査を受ける人は、特別研修で思考のトレーニングができています。
しかし1年以上ブランクがあれば、筋力と同じで思考も衰えるのです。

霞が関方丈庵では、司法書士特別研修で17年指導の実績のある小山弘先生が全ての講義を配信します。

特別研修を受けられない分、小山先生による基礎講座を繰り返し勉強してください。
過去に研修で身につけた力が蘇り、さらに基礎力が盤石になります。

3 合格できる自信のない方/2回以上落ちた方

勉強法や努力すべきポイントが間違っていませんか?

予備校や当庵の講座を受けてもなかなか身につかない、という人もいます。

理由は加齢による思考力の衰えなど様々ですが、そもそも勉強のやり方が間違っているか、注力するポイントがズレている、といった原因も少なくありません。

厳しい言い方ですが、何度受験しても落第してしまうのであれば、オンライン講座で他人と同じ努力をしても、合格は厳しいかもしれません。

個別にご相談いただくことをお勧めします。

また、認定考査は初めてだが、絶対に1回で合格するのだという覚悟を持ち、合格を盤石にしたいあなたも、ご相談ください。

個別指導コースで、あなたの弱点を克服

小山先生による個別指導コースでは、事前にカウンセリングを行い、あなたに合った勉強のポイントを見極めて、指導カリキュラムを一緒に作ります。

カウンセリングは無料ですので、当てはまる方はご相談ください。

私塾だから可能な独自の講座内容

オンラインコース

 基礎講座 + 過去問解説講座 + フォーラム +(法律家脳トレ)

基礎講座の内容
簡裁代理権認定考査 対策 基礎講座イメージ
必要に応じて板書を併用した分かりやすい講義

基礎講座を受講することで、効率的に実力をつけていきます。
実務経験の浅い講師と違い、小山先生の講座は豊富な実務経験に基づいているためにより深く、実例を交えて解説されているため、より頭に入りやすいはずです。

書籍を読み込むことも重要ですが、いきなり難解な必読図書を読む努力をするよりは、繰り返し動画をみて理解を深めることをお勧めします。
以下、基礎講座の講義内容(青字は小山先生による要点コメント)

序:法務大臣認定考査と特別研修(約24分)
 当面の最終目標である認定考査の概略を知ることができる。
 捉えどころのない特別研修のアウトラインが把握できる(受験時代に勉強したことが特別研修でどこまで通用するか?、勉強の守備範囲は?)
第1回:第1審訴訟手続きの基礎知識(約180分)
 何といっても、民訴の基礎の基礎が理解できなければ、ことは始まらない。ここを勉強すると、認定考査70点のうち最低35点は請け負います。
第2回:立証に関する基礎知識(約120分)
 実務的な色彩の強い分野。実務経験のない講師は、まともな話はできないはず。方丈庵の庵主は、実務を交えて手取り足取り指南します。
「二段の推定」を正確に理解しよう。
第3回:売買代金請求事件(約122分)
 売買を軽く見てはいけない。簡単そうで、本当は奥が深い。その勘所をふんだんな設例で、かみ砕いて解説します。
第4回:貸金返還請求事件(約117分)
 貸借型の契約の代表。これを深く理解できないと、認定考査の合格はほとんど無理。
第5回:建物明渡請求事件(賃貸借)(約60分)
 ここも、実務のセンスが問われる分野。じっくりと理解していただきます。要件事実の個数が多いのには、ワケがある。そのワケとは?
第6回:建物明渡請求事件(所有権)(約72分)
 民法の基礎の基礎が躍動する実例をお目にかけます。権利自白も、理解できれば、楽しい。理解できなければ、地獄(認定考査で3年に一度は出題される)。
第7回:各種の書面の作成(約122分)
 基礎理論の勉強が身についたかどうかは、書面を書いてみれば分かる(つまり、実は基礎がまったく理解できていなかったということを思い知らされる場)。
第8回:簡裁代理権(約56分)
 認定考査に合格すれば、何ができて何ができないか。こういう勉強も、結構おもしろい。民訴や司法書士法の知識が立体的に見えてくる。
第9回:司法書士倫理(約61分)
 司法書士としてしてよいことと悪いこと、実はその境界線は、司法書士を廃業するまで分からないくらい難しい。でも、その切り口のところ(ツボのようなもの)を具体例で考えてみましょう。

 ビデオ講座 計15時間34分
+
 講義録170ページ

過去問解説講座の内容(前年度の例)

簡裁代理権認定考査 対策 過去問講座イメージ

第1回
売買代金請求事件(第1、4、13回考査)(約150分)
第2回
貸金返還請求事件(第2、7、11回考査)(約120分)
第3回
建物明渡請求事件(第3、5、10、14回考査)(約170分)
第4回
その他(1)(第6、9、12回考査)(約150分)
第5回
その他(2)(第8、15回考査)(約90分)
第6回
土地明渡請求事件 (第16回考査)(約60分)
第7回
売買契約に基づく財産権移転請求事件 (第17回考査)(約100分)

 ビデオ講座 計14時間
+
 レジュメ

フォーラム

2つのフォーラムをご用意しています。小山先生自ら回答してくださいます。

  • 交流フォーラム:受講生同士の情報交換はもちろん、小山先生や認定司法書士の先輩からのアドバイスなど、貴重な情報や縁がつながります。
  • 解決フォーラム:講義動画を視聴するだけでなく、疑問点は解決し、さらなる実力アップのために使い倒しましょう。

フォーラムでの問題解決イメージ

法律家脳トレーニング「一日一問」
小山先生が【一日一問】小テストを出題します。(※令和元年度は開催未定)
あなたは自分なりに解答し、小山先生は自らあなたのためにコメントをつけてくれます。しかも毎日です。これがどれほどの価値を持つか想像できるでしょうか?毎日、問題に触れ、考え、小山先生からのコメントをもらうことで、一方通行の講義では得られない、強力な思考訓練になります。

代書屋ではなく、法律家としての思考を手に入れてください。

2つの特典

  特典1:模擬試験 受験&添削 無料参加

2019年5月に開催予定の模擬テストに無料参加できます。

  •  認定考査直前の最終チェックで、弱点や対策漏れをなくし合格を後押し
  •  小山先生に直接添削してもらえるので、本番での解答のポイントが学べる
  •  問題に取り組む時間配分の事前練習で、本番でも冷静に力を発揮

 特典2

考査、研修、人生相談もできる!オンライン飲み会へ無料ご招待(11月より3回開催予定)

オンラインで乾杯

全国どこでも、パソコンやスマホから参加できるZOOMミーティングで、受講生仲間と飲み交わし、懇談します。

就活のアドバイスや、業界の裏情報など、非常に価値の高い情報も得られる交流会です。
今後の人生に役立つ貴重なつながりもできます。

  •  小山先生に直接質問したり、指導してもらえ、考え方が身に付く
  •  受講生同士、情報交換をして不安を解消できる
  •  先輩司法書士に試験対策や就職のアドバイスがもらえる

※参加は任意です

霞が関方丈庵の受講資格

あなたは残念ながら、受講できないかもしれません・・・

霞が関方丈庵は、誰でも受講できるわけではありません。
最低限の資格として、以下を満たす必要があります。

  •  特別研修修了認定を受けている、または令和2年度特別研修を受講予定
  •  令和2年度の簡裁訴訟代理等能力認定考査を受験予定で、合格に向け努力する覚悟がある

人が成果を出すために、環境は重要です。
学びの場としてふさわしい環境を維持し、受講者の利益を守るため、以下の基準も設けています。

次に当てはまる方の受講をお断りします

  •  努力せずに合格を手に入れる方法を探している人
  •  思考を放棄し、答えをすぐに求めたがる人
  •  お金を払えば何をしても良い、という心得違いのお客様気取りの人
  •  インターネット掲示板で他者を攻撃することに喜びを感じる人
    (当庵のフォーラムはスキルアップと切磋琢磨を目的としております)

刺激的な内容でした!(受講生の声)

現在受講中の方の声をフォーラムより抜粋します。

 Mさん小山先生の歯に衣着せぬ講義に時折吹き出しながら聴き入っております。

 Rさん

方丈庵での勉強が楽しいです。
図表1は、常に座右に置いて、講義を聴講したり、レジュメを読み返したりしております。

 Rさん
今まで、予備校から与えられた教材をこなしていただけの「幼いお頭」の私にとっては、刺激的な内容でした。

過去の受講生の声をご紹介します。

 第16回合格 浅野さん

平成29年9月1日、私は晴れて認定司法書士の資格を得ることができました。
『霞が関方丈庵』の門を叩いてから約半年間。小山先生の講義内容を理解し、先生の指示を守り、そして努力が結実しました。

これから受験する新人司法書士合格者や既に登録された新人司法書士の皆さん。認定考査の合格はそこがゴールではなくスタートです。
実務に入ると、小手先だけの知識では、クライアントは付きません(付いたとしても良いクライアントは付きません)。しっかりとした基礎が
ある司法書士のもとに良いクライアントは付きます。

そのしっかりとした基礎を自分で身に付けることができる人はそもそも予備校などの認定考査の講座を利用する必要はありません。
しかし、そのような人は稀であり、私も含めて凡人は、しっかりとした先生のもとで、しっかりと基礎を身に付ける必要があると考えます。

民事訴訟手続に関してしっかりとした基礎を学ぶことができる小山先生が庵主である『霞が関方丈庵』は受験生のみなさんにお勧め致します。
ときどき、受験生に厳しい口調になる小山先生ですが、それは愛情の裏返しです。受講するみなさんが厳しい実務の世界で勝ち抜くための力をつけることができるよう指導しているだけです。
私は、『霞が関方丈庵』に通って本当に良かったと思いました。

小山先生。
本当にありがとうございました。

お申し込みについて

霞が関方丈庵は、大手予備校で指導されていた小山先生が、予備校よりも安く、ご自身の長い実務経験のエッセンスを最大限提供するために立ち上げた私塾です。

あなたの生活に合わせて自由に受講可能なオンライン講座ながら、
フォーラムや特典のZOOMによる交流会(飲み会)など、受講生のモチベーション維持と孤独感を排除する楽しい仕組みも導入しました。

受講料は、48,000円(税抜き)です。

お申し込みが早いほど、最大限活用できます

早くお申し込みされることで、

  • 1ヶ月あたりの受講料が安くなる
  • 特典のオンライン飲み会を最大限利用できる
  • 動画を繰り返し視聴できるので、より実力が高まる

など、メリットが大きくなります。

選べる受講料のお振込み方法
  1. クレジットカード決済:48,000円
  2. クレジットカード 2回払い:25,000円 × 2
  3. クレジットカード 3回払い:17,037円 × 3
  4. 銀行振込 一括払い:48,000円

※全て税抜き
※クレジットカード払いはPayPalを利用しますので、プライバシーを保護し安全に決済されます。分割の場合、未払いのままお支払い期限を一定期間過ぎますと受講資格を失います。

直接指導してほしい場合は