業務内容


おもな取扱業務の紹介

1318794516732 こんなときは一人で悩まず司法書士に相談を
1 裁判所(簡裁~最高裁)に提出する書類の作成及び手続の助言
2 簡裁事件の訴訟代理
3 相続、行方不明者、遺言書についての相談
4 登記申請(不動産登記、商業登記)の代理
5 供託手続の代理、書類作成
6 成年後見制度についての相談、申立て

不動産を購入するとき・ローンを完済したとき

マイホームを建てたりマンションを購入したときなどは、不動産の登記をする必要があります。登記とは、あなたの権利を第三者にも認めさせる重要な制度で,正確な登記申請を迅速に行うことであなたの権利が守られます。
ローンを完済したときは、金融機関から書類を受け取ったらなるべく早く抵当権の抹消登記をすることをお勧めします。

会社をつくるとき

まず、設立の登記をします。その後も役員・商号・目的・本店・資本金など登記事項を変更したときには変更登記が必要となります。

相続が発生したとき

人が亡くなると、実にさまざまな法的手続が必要になります。司法書士は、そうした手続全般のアドバイスや書類の作成、登記申請の代理などを行います。相続全般についてのアドバイスを受けたい、遺産の名義変更手続をしたい、などといった場合は、司法書士にお任せください。

借金返済

クレジット・カードを使って、あるいは消費者金融(サラ金)からの借り入れなどで多額の借金つくってしまい払いきれなくなった場合など、多重債務に関する悩み事にも司法書士が相談に与ります。無理な返済プランは雪だるま式に借金をふくらませてしまうことになりかねません。
特定調停・自己破産・個人民事再生などの法的債務整理方法の中から自分に一番合ったものを選んで一日も早く解決しましょう

裁判所を利用するとき

代金や給与など未払い金の請求、悪質商法への対処、借家借地に関するトラブルなどあなたの身近な問題の解決で裁判所を利用するときにも司法書士にご相談下さい。