第36回 中華人民共和国


 5月8日から11日まで,李克強中華人民共和国国務院総理が日中韓サミットの開催に合わせ公賓として訪日します。
 来日の真の目的は何か?普通のマスコミは報じませんが、彼の国(かのくに)の経済の先行きが暗く、例によって微笑み外交によって日本の経済協力を引き出すため?そういえば、
通貨スワップ協定の再開を求める国もすぐ近くにあったりして、普通の日本人の感覚ではこれらの国々の神経は理解不能?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA